トップページへ >>効率のいい勉強

効率のよい勉強法で簿記3級を取得しよう

管理人

簿記3級は70点以上取れば合格できます。満点を取るのが一番望ましいことですが、資格取得が目標であれば70点を確実に取る力を身につければ良いのです。

テキストを勉強していると、どれもこれも重要事項に見えてきますが、実は全てが重要というわけでもありません。まず過去問で傾向をつかみ、必要なレベルを確認しましょう。

勉強のとっかかりとしてお勧めは、薄い入門書、いわゆる通俗本です。本屋さんでよく売ってる「10日で覚える~」とか「1週間で合格~」みたいな本で全体を把握しましょう。全体を見下ろす事で重要な事がわかってきます。また挫折しやすい方の特徴として 難しい所にはまってしまい、そこができない限り先に進めないタイプが多いのです。通俗本は合格にはレベルや問題数が足りないかも しれませんが、全体を把握するにはぴったりです。

あとは自身にあった1冊の問題集やテキストを何度も解き、必要な個所をテキストで再確認というやり方が効率的です。問題を解く事を中心に学習を進めた方が記憶の定着率も高くなります。

お勧めの独学本はこちら

仕分けは重要

勉強

簿記3級の試験では第1問の仕訳問題でも、第2問以降の総合問題でも仕訳は重要となってきます。「仕訳を制する者は簿記を制する」とも言われるくらい仕訳は簿記の基本です。仕訳の練習は、しつこいくらいにやることが大事です。書いて覚える作業は無駄であるという資格学習もありますが、簿記など会計系の勉強に限っては、計算が入ってきますし、書くことも大切な学習法の一つです。帳簿に書き込むような勉強をしたい場合には「簿記 帳簿 ダウンロード」で検索すれば無料でプリントアウトできるサイトがいくつもあります。

そして、過去問を解く時には、本試験と同じ時間制限内で時間を計って挑戦することが大切です。何の試験にも言えますが、過去問をたくさん解くことは非常に有効です。

テキスト選びも重要です。自分にはどうしても合わないと思ったテキストは、思い切ってやめることも大事です。せっかく購入した物で、もったいない気持ちは分かりますが、合わないテキストを我慢して最後までやっても効率的ではありませんし、時間がもったいないです。貴重な時間は、良いテキストに使いましょう。

また、仕事の隙間時間や通勤時間などを使っても勉強できるような体制を整えましょう。ポケットタイプのテキストを常に持ち歩いたり、テキストの気になる部分をコピーして持ち歩くなど工夫しましょう。隙間時間での短時間の学習が、積み重なって身に付いていくものです。簿記は習うより慣れろと言われるように、いろいろな問題パターンをどんどん解くのが遠回りのようで近道なのです。

無駄な勉強をしたくなかったら

効率よく短期間で合格するためには専門家の指導を受けるのが最も効率がいいです。無駄が嫌いな方や学費を回収できる自己投資と割り切れる方は是非講座を利用しましょう。

通信講座やスクールは合格者数、合格率など各社争って運営されています。大手になれば問題予想、テキスト作成に何人も専門家を投入しています。各講座、短期間で合格者を出すために学習要点の絞り込みが徹底されてます。講座によってはテキストが薄い事が売りの通信が何社もあります。本試験に出題されそうな部分に絞って勉強できるので効率よく合格できます。

たのまな フォーサイト ユーキャン