トップページへ >>過去問

簿記3級過去問勉強法

勉強

資格勉強において過去問の研究は基本であり王道です。過去問を解くことでいろいろな事がわかります。難易度、出題方式、出題傾向など知っておかなければ勉強の対策が立てられません。

簿記3級で対象となる範囲は個人事業主向けの商業簿記のみなので仕訳のルールや専門用語などを理解できれば合格できる試験です。簿記と言えば計算機を使って数学のような問題を解くイメージですが難しい計算式などはなく、問題の意図を理解し日本語の読解力を問われるような問題がほとんどです。過去問を解いて問題への慣れを養う事が合格への近道です。

3級で大切な基礎となる知識を学び2級、1級へのステップにしましょう。

過去問からいろいろわかる

勉強

簿記の試験は他の資格の学習方法とは違うところもあります。暗記だけではなく、解き方を覚えることが重要という点です。テキストを読むだけではなく、電卓を使ったり、仕訳を実際にやってみたりと手を動かして勉強しなければいけません。そのため、まったく同じ問題は出ないと仮定し過去問はあまり重要視しない人もいるかもしれません。

しかし過去問を解くことによって色々な情報を得ることができます。まず分かるのは問題のレベルです。過去問を実際やってみると、これからどのくらい掘り下げた勉強が必要なのか、どのくらいの範囲の勉強をしなければならないのかが見えてきます。過去問を分析することによって、これからの勉強のスケジュールを立てることができますし自分の弱点を知ることもできます。。それに簿記3級は過去問に出された問題と同じような出題となることが意外に多いんです。

ある程度テキストを読んだら、なるべく早い内に過去問を解きましょう。最初のうちは過去問は、さっぱり分からないのが当然ですが、勉強を進めていく内に、傾向もだんだんと見えきます。

なるべく早い段階でやる

勉強

このように過去問を解くことによって、様々な事が見えてきますので、過去問を中心に学習する方法はおすすめです。過去問は試験前の仕上げ段階で、力試しに使おうと考える人もいるかもしれませんが、過去問は学習の中心として利用する方が効率的です。

テキストを一通り読んで、過去問を何度も解いて分からない所をテキストで復習するといった学習法を取れば合格までのスキルが身に付きます。

資格試験では過去問は出ないと思われがちですが簿記3級は同じパターンの焼き直しが多いので必須とも言えます。

何年分やればいいかとよく質問されますが、スクールに通っている人や通信講座を受講している人は、講座に付いてくる過去問だけで十分です。

たのまな フォーサイト ユーキャン