トップページへ >>簿記の電卓

簿記で使う電卓の選び方、電卓の種類

電卓の写真

簿記における電卓の選び方ですが、簿記検定、経理にふさわしい電卓とはどんなものでしょう?簿記の勉強をしてる人の中にもカード型やおもちゃのような電卓を使っている方もたまにいますが今後仕事にも使えるようなタイプを選びましょう。

簿記の試験だけでなく、会計系の仕事をするときには、計算ミスを防ぐようにするためにも、大き目の電卓を使うのが通常です。多少の出費かもしれませんが、長い間使うので効率の差は大きくなります。

また必要以上の高性能な電卓は試験会場に持ち込みできない場合がありますので下記に気を付けましょう。

 

日商が発表してる、電卓の決まりは以下になります。

計算器具(そろばん、電卓)を使用しても構いません。ただし、電卓は、計算機能(四則演算)のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。

  • ●印刷(出力)機能
  • ●メロディー(音の出る)機能
  • ●プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
  • ●辞書機能(文字入力を含む)
  • (注)ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、試験会場での使用を可とします。
  • ・日数計算 ・時間計算 ・換算 ・税計算 ・検算(音の出ないものに限る)

 

”四則演算機能のみ”というのは普通の計算機の事です。SIN、COS、パイなどの特殊な演算機能が付いてる計算機とわけて呼ぶ時の呼び方です。

簿記の試験の際には最低でも10桁以上は必要です。大半の時間を電卓による計算作業に使うことになりますので操作性の高い、かつ質量がある重い電卓を使うようにしましょう。軽いと不安定で計算が速く出来ない場合があるからです。

簿記3級ではルートボタンは必要ありませんが1級まで狙っているかたはルートボタンが付いてる計算機を買いましょう。また日数計算機能は使用可能ですが必須という訳ではありません。よく「日数計算機能が付いてないのですが大丈夫ですか?」などの質問がありますが、あったら便利ですがなくても大丈夫です。一部メーカーの電卓には付いていませんが気にしなくてもいいです。

業務用の電卓は多少高いと感じることもあるかもしれませんが、仕事でも家でも、ずっと使うことが出来る道具です。早い段階で”私はこれ”という電卓を見つけ、使いこなし、ボタンの配置がそれじゃないと気持ち悪いというぐらいになった時にはかなり仕事ができるようになっている事でしょう。

試験本番の際には万が一の時に備えて、予備の電卓を用意するようにしましょう。予備の電卓は万が一壊れたり電池が切れた時の場合なので機能や操作性はそんなにこだわらなくても簡単なものでもいいでしょう。

おすすめ電卓はシャープ製のEL-Nシリーズ

電卓の写真

シャープ製のEL-Nシリーズという電卓は、12桁で日数計算機能も付いていて簿記試験だけでなく税理士試験や会計の仕事に適したものです。ディスプレイ角度の調整ができて見やすく、長い間愛用しててもキーの文字が消えにくい2色成型タイプ。

早いタイピングにも対応した2キーロールオーバー機能でミスタッチも少なくなります。アンサーチェック機能、税率設定機能、日数期間計算、一回前の計算との違いがわかるアンサーチェック、計算続行機能など簿記の勉強に必要な機能はすべてついています。

太陽電池の他に電池を内蔵しているので試験中に電池切れの心配は少なくてすみます。

シャープの電卓はこちら

こんな本もあります

本のイラスト

簿記自体の勉強と同時に電卓操作の勉強をすると資格取得のためにも仕事の効率にもよいのでお勧めです。

なかなか細かい操作法や機能の説明までは講座や教室では聞けません。また日商簿記受験者に的をあてて解説してますので普通に勉強になります。

特にこれから勉強を始める方は操作法から勉強する事で効率よく簿記の学習を進めていけます。

たのまな フォーサイト ユーキャン