トップページへ >>役に立つ

簿記3級 役に立つ?

迷うイラスト

簿記3級は、役に立つレベルの取得できる資格としては比較的簡単に取得できるため「本当に役に立つの?」などの質問が多いのですが、知名度は十分にあるものですので、就職活動や転職活動においてはアピールできる資格です。

一般の会社の就職などにはパソコン関係の資格を持っている方がいいと思われる方が多いかもしれませんが、簿記3級は資格を持っている人が意外に少ない上に、短期集中型の勉強で取得できることもあって、かなりお勧めの資格です。

簿記の資格は、経理事務を行うための資格です。簿記の知識をもっていれば会社の帳簿が読めるということ。つまりは会社の経営状態や将来性を見抜くことが可能なわけです。会社員だけでなく、個人経営やフリーランスにも便利な資格です。お金を扱わない会社はありません。また、家計簿だって帳簿です。簿記3級は日々の生活の中にも役立てることも十分に可能な資格といってもいいでしょう。

3級から取るのがおすすめ

簿記の資格を取得するにあたって、せっかく簿記の試験を受けるのだから、最初から2級や1級を狙ったらどうだろうと考える人もいるかと思います。

ただ、仮に必死で勉強して簿記2級の資格を得てみたところで即実践で使えるだけの力があるでしょうか。日商簿記2級は工業簿記もはいり計算もややマニアックになります。実は仕事で使う会計ソフトを使った伝票記入などの仕事は簿記3級の分野が多く入ってます。

簿記2級の資格は3級取得レベルがなければ学習もスムーズにすすみません。なので、ゼロから勉強して資格を取得するのであれば、3級の勉強からしっかりと行って、かつ3級の資格から順番にとっていくのが一番のやり方といえます。

簿記は使える

実際、簿記3級を取得しておけば、前述のように十分に就職に関してはアピールポイントになりますので、それ以上の級に関しては会社で働きながら取得を目指しても問題はありません。未経験の状態でいくら高度な知識を持ち合わせていたとしても、それを仕事で使うことはなかなかに難しく宝の持ち腐れ状態になりかねません。決してあせることなく、基本からゆっくりと勉強していって、仕事の経験も徐々に積んでいくといいでしょう。

簿記3級は履歴書に書ける?

「簿記3級は履歴書に書けるか?」などの質問が多いですが、書けます。経理を長くやってる方や上級取得者が「書けるのは2級から」などと言いますが、理由がわかりません。

ハローワークなどで求人を見ても「簿記3級取得者」「日商簿記3級程度」などはっきりと書かれています。逆にこういった求人では書かなければ受かりません。

会社側が2級レベル程度を求めてる場合や実務経験を求めてるなら、そう条件に記載してますのでその条件は満たしませんが、そういった内容でなければ書くべきだと思います。資格はその人の技術、ノウハウを証明してくれるものですので。

もともと、「書けるのは2級から」などの言われは就職超氷河期の頃の大学生の就活テクニック的に広まった噂です。会社の採用担当も、どの程度経理がわかるか知りたいですし、資格保有は”頑張ってる””積極的に学習してる”証明にもなります。

なかなか簿記の勉強が始める切っ掛けを作れない方はこちらを参考に