トップページへ >>簿記の資格の種類

日商?全商?全経?

簿記そろばん

簿記検定と言えば日本商工会議所が主催する日商簿記をイメージしますが他にも種類があります。全国商業高等学校協会が主催する全商簿記、全国経理学校協会が主催する全経簿記です。

一般的には簿記検定といったら、日商簿記検定の事を指す場合が多く、近年では同等の級を比べると日商簿記の方がやや難易度が高いと言われています。これとは反対に商業高校生を対象とした全商簿記についてはこの3つの中では一番ランクが低くやさしい試験とされています。

当サイトでは日商簿記3級をおすすめしてますが、受験者の環境(学校でまとめて受験するなど)によって受験する資格種類も変わってくるとは思います。ここでは簿記の種類について詳しく解説します。

日商簿記

日商簿記

日商簿記とは、簿記といったらこれといわれている、日本商工会議所が主催している簿記検定で、最も知られている簿記の資格です。例えば税理士試験の受験資格は日商簿記1級を保有していなければ受験できません。日商簿記は簿記資格の中では最も知名度が高く、昇進や昇格、それに資格手当ての対象になっている場合があります。当サイトでおすすめする簿記3級はキャリアを積み上げる第一歩にちょうどいい資格です。

専門学校

日商の試験には、簿記検定の他にもDCプランナーであったり、EC実践能力、日商マスター、日商PC検定といった実用的な試験があります。一部上級試験を除けば、誰でも受験することが出来、年齢制限などもありませんので幅広い年代の人が知識を身につけるために日商の試験を活用しています。

全経簿記

全国経理教育協会が主催する簿記能力検定試験は”全経簿記”の名前で呼ばれています。商業高校生以外は日商簿記か全経簿記が目指す資格になります。

ちょっと前までは全経の方が難易度が高いなどと言われていましたが、現在では日商の方が難易度が高いと言われています。日商簿記との違いは1級の上に上級がある点です。日商と違う試験日程ならどちらも受験するという手段もあります。

全国経理教育協会でも簿記以外にも所得税法能力検定、法人税法能力検定など実務に役立つ沢山の資格試験が実施されています。なかでも電卓計算能力検定試験は簿記にも直結するのでお勧めの資格です。

全商簿記

学生

全国商業高等学校協会が主催する”簿記実務検定試験”は一般的に全商簿記と呼ばれています。商業高校に通う高校生を対象としていて3級~1級まであり、難易度は日商簿記の同等の級よりやさしい内容になっています。全商1級は会計・原価計算とに分かれていて、どちらも取得すると1級取得になります。

全国商業高等学校協会でも簿記以外の実務検定があり、ワープロ検定や英語検定、情報処理検定など、商業高校や商業に関する学科を設置している高校などの学生が進路決定に役立つ資格を実施しています。

日商簿記3級はキャリアアップの第一歩

当サイトを見てくれる方は簿記に興味がある方、何か資格を取ってキャリアアップしようとしてる方、あるいは就活中に「簿記所有者に限る」などの文字に奮起して勉強しようとしてる方といった所でしょうか?どちらにせよ、こういったサイトを見てる方は自己キャリア形成をきっちり考えておられる方と思います。しかし忙しい社会人の方は学生時代と違い”ここからちゃんと勉強して受験を申し込んで・・・”とリアルに想像すると「本当に取れるかな?」などと思ってしまうのも仕方がありません。

そこで当サイトでは専門学校や通信教育で勉強する方法をおすすめしています。通信講座やスクールなら申し込んでしまえばあとはやるだけです。学費がもったいないという気持ちも働き途中で挫折するようなケースは少なくなります。費用が気になる方も多いかと思いますが、簿記3級講座は比較的安い講座が多いです。簿記はキャリアアップのための資格です、通信講座の費用は自己投資と割り切り、自分を机に向かわせましょう。

なかなか簿記の勉強が始められない方はこちらを参考に